着物処分は着物買取がオススメな理由

着物処分は着物買取がオススメな理由

母が使っていた着物や自分の婚礼時の着物など、古い着物の処分に困っていたりしませんか?

 

何回か袖を通したものの、虫干しなどの管理の手間がかかったり、着る機会が減っているので、タンスの大きなスペースを占めている着物の処分を考えている人も増えています。

 

そこで、古い着物の処分方法をまとめてみました。

 

 

着物の処分て、知っているのと知らないのとでは、納得感が全然違うんですね。

 

 

着物の処分方法

着物の処分は、大きく分けて「着物を自分でリメイク」、「着物を捨てる」、「着物を寄付する」、「「着物を売る」になります。

 

着物をリメイクする

オシャレな柄の着物は、リメイクすると喜ばれます。

 

子供の服に再利用することもできますし、巾着やバッグなどの小物入れにも最適です。

 

着物のリメイクは、ご自身で洋裁が出来る方で無いと大変かもしれません。

 

 

着物を寄付する

リメイクを趣味にされている方に、着物を寄付してあげると喜ばれますよ。

 

でも、着物にシミがポツポツついている、カビが発生しているなどの保存状態が悪い物はさすがに嫌がられます。

 

そんなときは、着物を捨てるコトになります。

 

 

着物を捨てる

着物を捨てる場合は、着物の状態を確認しながら判断しましょう。

 

また、着物もあるブランドものの着物であれば、高価な値が付くこともあるので、そのような着物を捨ててしまうと少しもったいない感じがしますね。

 

捨てるのに適した着物は、「あまりにも汚れている」、「シミが多い」など、買い取ってもらえない着物や着物まわりの和装品となります。

 

また、着物は自治体によっては燃えるごみとして処分することができますが、古布扱いになって費用がかかることもありますので、事前に自治体に確認した方がいいですね。

 

一気にだすと膨大なごみの量となることもありますので、出す量も配慮した方がよいでしょう。

 

 

着物によっては金具が付いている場合は、可燃物扱いとなりませんので、金具の部分をすべて取り外して分別することが必要になります。

 

また、着物に帯が付いているものであれば、それも分別する必要がありますし、着物に綿が入っているのであれば取り除く必要も出てきますね。

 

着物はゴミとして出すにしても、面倒な作業がありますね。

 

着物を捨てるにも面倒な作業が伴うので、着物を売って処分するのが手間いらずかもしれません。

 

 

着物処分は買い取ってもらうのが便利

 

オークションやメルカリで売るのはどう?

着物を売却するには、オークションやメルカリを進める方がいます。

 

オークションになれている方であれば、手間も負担になりませんが、まったくやったことが無い方は大変ですよ。

 

●ヤフオクやメルカリのIDを取得
●写真を撮影しと説明文を書いてサイトに掲載
●値段交渉
●入金確認後に梱包して発送

 

売却した相手に自分の住所が知られますし、シミやカビがあったと文句を言われるかもしれません。

 

こうした販売になれている方であればオススメですが、やったことが無い方には、作業量が多すぎてオススメできません。

 

 

着物の処分は着物買取専門店がオススメ

着物を売る際にできれば高く売りたいと思うのが自然だと思います。

 

着物を高く売るには、質屋・リサイクルショップより、着物買取専門店がオススメです。

 

リサイクルショップや質屋では、着物のブランドや価値がわからず、地元の方への販売なので、次の販売見込みが不明な状況では高く買い取ってもらえません。

 

着物専門店であれば、着物をしっかりとブランド価値を含めて審査してくれます。

 

 

また、販売先も全国にネットワークがあるところであれば、他の県で需要があるところで販売できるので、高額買い取りも可能になります。

 

着物買取専門店をオススメする理由は、和装品の買取もしてくれること。

 

質屋やリサイクルショップでは値がつかない和装品などの小物も一緒に買い取ってもらえます。

 

でも、近くに着物買取専門店が無いという方もご安心ください。

 

オススメする着物買取専門店では、

◆店頭での着物買取
◆出張して訪問してくれる着物買取
◆宅急便で送付することで、査定や買取をしてくれる宅配買取

 

という、ニーズの高い3つの買取スタイルに合致しています。

 

査定費や出張費、キャンセル費は無料なので、見積もりだけでもとって比較するといいですね。

 

便利で安心なのが出張訪問買取です。

 

出張買い取りに来てもらって査定をしてもらいます。

 

このときに、疑問点があれば相談に乗っていただけますし、査定額が自分の希望よりも低ければ、見積もりをもらってからもキャンセル可能です。

 

査定をしてもらって自分の納得のいく金額であれば、そこで買い取り成立。

 

家にいながら行えるので、余計な手間をかけずに査定をしてくれますので、便利ですよ。

 

高く買い取ってもらうコツ

着物を高く買い取ってもらうには、コツがあります。

 

2店舗程度で着物の査定をしてもらって、一番高い店舗で買い取りをしてもらうのがオススメ。

 

買い取り金額は買取専門会社によって査定の方法が違うので、どれが高く提示できるとは言えないんですね。

 

別な会社からも見積もりを取ると言えば、査定額もきっと似てくるはずですので、競争状態さえつくれればよいと思います。

 

あまり多くの店舗から見積もりを取りつけるというと、当て馬かと思われて、かえって逆効果の場合もあるので、2店程度がオススメですよ。

 

 

複数の着物買取専門会社に査定を依頼するのは、もう1つ良い点があります。

 

それは、シミや汚れが着物に付いていると買い取りしてくれない着物や、小物でも、一緒に引き取ってもらえるケースが多いですよ。

 

自分でゴミに出そうとすると、手間がかかりますので、一緒に全部引き取ってもらいましょう。

 

そんな交渉ができるのが、相見積もりをとるメリットです。

 

着物買取専門店のオススメ会社

着物買取専門店は多数の会社が運営しています。

 

選ぶ際のポイントは、全国展開していること、あなたが買取をお願いしたいスタイルがあることをチェックされるとよいでしょう。

 

◆店頭買取
◆出張訪問買取
◆宅配買取

 

のいずれも対応している着物買取専門店でオススメは以下の通りです。

 

 

BUYSELL(バイセル/スピード買取)

CMも流している着物買取の老舗の会社です。

 

全国展開しており、連絡するとすぐに訪問してくれます。

 

宅配買取がよければ、宅配買取でも対応してくれますよ。

 

福ちゃん

BUYSELLと並ぶ着物買取専門店です。

 

両方とも素晴らしい着物買取専門店ですので、相見積もりをとり、あなたの気に入った方で買い取ってもらえばよろしいでしょう。

 

 

ブランド品の価値を知る

着物にもブランド品があります。

 

こうしたブランド品の価値を知っておくことも高値で着物を買い取ってもらうのに有利です。

 

着物のブランド品には、結城袖や大島袖などは伝統的な着物・全国区のブランド、人間国宝の方が手がけた着物などはとくに抑えて欲しいですね。

 

たとえば、

 

結城袖は栃木県や茨城県を中心にして伝えられた技術であり、国の重要文化財に指定されています。

 

美しい縞や絣が繊細に表現されており、着物の最高級品です。

 

大島袖は鹿児島県南部に位置する奄美大島特産の平織り絹布を使用しています。

 

大島袖は和服に使用されており、幅広く活用されています。

 

特徴は泥染めであり、伝統的な手法で作られている高級品になります。

 

他にも塩沢袖や東京友禅、加賀友禅などもあり、これらも着物を代表するブランドになります。

 

着物を処分する際に売る方法と捨てる方法がありますが、着物買取専門店に買い取ってもらうのがオススメですよ。

 

ゴミとして捨てるのは余計な費用や手間もかかりますので、着物を捨てる前に、着物買取専門店から見積もりを取ってみて下さいね。